アナリストレポートから資本市場の変革にチャレンジするTIWです

Toward the Infinite World

 
TIWマガジン「投資の眼」

おしえてアナリスト

サイゼリア(7581)のレポートについて

Q 質問

10月17日発行のサイゼリア(7581)のレポートを拝見しました。前回よりもかなりポジティブな内容であったにも関わらず、アナリストインプ レッションは「1」ではなく、「2+」を据え置いた形になっております。個人的には「1」でも良いと感じているのですが、これはどうしてでしょう か?

A 答え

外食産業に関しては、優待券目的の個人投資家が多く、下値不安も乏しいですが、バリエーションが割安でも、予想PER20倍以上まで買おうという 投資家は少ないと思います。基本的に、店舗増(席数増)による売上増ですから、株価ボラティリティは低いと考えています。創業時で、年間店舗数が倍増している時期は、別の評価も出来るでしょうが。サイゼリヤの店舗数は800店舗を超しており、40店~80店の増加は評価できますが、業績への影響は限定的だ と思います。
海外事業は赤字ではありませんが、ほとんど利益はでていません。中国は工場ができてから許認可申請を行うので、実際の稼働日が確定していません。否定的な考え方ではありませんが、現時点では株価は緩やかな上昇トレンドと考えています。

免責
本レポートに掲載された情報・意見は株式会社ティー・アイ・ダヴリュが信頼にたると判断した情報源に基づき作成したものでありますが、完全性、正確性を保証するものでは有りません。本レポートに掲載された内容は必ずしも適切且つ妥当なものとは限りません。投資に係る最終決定は投資家ご自身の判断と責任で行って下さい。

利益相反に関する開示事項
株式会社ティー・アイ・ダヴリュ(以下、「T.I.W.社」)は、契約に基づき、アナリスト・レポートの提供を継続的に行うことに対する対価を契約先証券会社より包括的に得ておりますが、本レポートに対して個別に対価を得ているものではありません。レポート対象企業の選定はT.I.W.社が独自の判断に基づき行っているものであり、契約先証券会社を含む第三者からの指定は一切受けておりません。
担当アナリスト並びにT.I.W.社と本レポートの対象会社との間には、利益相反の関係はありません。