アナリストレポートから資本市場の変革にチャレンジするTIWです

Toward the Infinite World

 
TIWマガジン「投資の眼」

おしえてアナリスト

投資判断の基準となる適正PERについて ~高田悟シニアアナリストの回答~

Q 質問

よく「PERが高い」とか逆に「PERが低い」とかが投資判断の基準のひとつにされております。それでは、高くもない、低くもない、言ってみれば当該企業の経営状態に見合った適正な数値はどの辺りと考えればよいのでしょうか。

A 答え

絶対的な適正レベルというものはなく、あくまで相対的なものと考えています。つまり市場あるいはセクターの平均的な収益力と当該企業の収益力との比較により市場平均またはセクター平均PERとの見合いで当該企業の妥当PERは決まってくると考えます。また、当該企業の過去の平均的なPERや最高PER、最低PERを参考に業績のモメンタムの状況を踏まえながら、どのPERレベルが妥当なのかを考えることもあります。この意味では過去の業績サイクルは忘れなければならないような将来性の高い事業を手掛けていたりする場合は過去の平均的なPERやセクター平均的PERからかなりかけ離れた高PERであっても妥当と考えます。一方、ビジネス自体が斜陽化し業態などの転換も図れぬ場合は従来に比べPERが低水準であっても割安感はなく妥当と考えます。
最後に少し話は離れますが、PERのレベルも重要ですが方向性をより重視します。将来の業績予想において歳を追うごとにPERが低下する(EPSが増加する)ストリーが描けるか否かが大変重要なことだと考えております。

免責
本レポートに掲載された情報・意見は株式会社ティー・アイ・ダヴリュが信頼にたると判断した情報源に基づき作成したものでありますが、完全性、正確性を保証するものでは有りません。本レポートに掲載された内容は必ずしも適切且つ妥当なものとは限りません。投資に係る最終決定は投資家ご自身の判断と責任で行って下さい。

利益相反に関する開示事項
株式会社ティー・アイ・ダヴリュ(以下、「T.I.W.社」)は、契約に基づき、アナリスト・レポートの提供を継続的に行うことに対する対価を契約先証券会社より包括的に得ておりますが、本レポートに対して個別に対価を得ているものではありません。レポート対象企業の選定はT.I.W.社が独自の判断に基づき行っているものであり、契約先証券会社を含む第三者からの指定は一切受けておりません。
担当アナリスト並びにT.I.W.社と本レポートの対象会社との間には、利益相反の関係はありません。