アナリストレポートから資本市場の変革にチャレンジするTIWです

Toward the Infinite World

 
TIWマガジン「投資の眼」

おしえてアナリスト

中国での日本製品不買運動の日系車現地生産への影響に関して その②

Q 質問

工場を他のアジア拠点へ移し、中国へ輸出するという方法もあるのでしょうか。

A 答え

現地生産に見合う数量は望めないが、一定の販売は期待できるという状況になった場合には他の生産拠点からの輸出になると考えます。おそらく、地理的に近い、労働者の質が高い、労働コストがまだ低いなどからアジア拠点は輸出拠点として有力候補地となるでしょう。ただし、どこから輸出するのかは(1)その時点での中国消費者のニーズがどこにあるのか、そして、(2)ニーズを踏まえどこでつくるのが最適なのか、に依存すると思われます。因みに現状、タイなど中国以外アジア生産拠点は小型、低燃費、低価格のグローバルコンパクトカーの量産拠点として育成の流れにあります。中国消費者の中心ニーズからはやや離れているような気がします。例えば、エントリーカーはアセアンから、上級車種は日本からというような生産の棲み分けがなされるのではないでしょうか。

免責
本レポートに掲載された情報・意見は株式会社ティー・アイ・ダヴリュが信頼にたると判断した情報源に基づき作成したものでありますが、完全性、正確性を保証するものでは有りません。本レポートに掲載された内容は必ずしも適切且つ妥当なものとは限りません。投資に係る最終決定は投資家ご自身の判断と責任で行って下さい。

利益相反に関する開示事項
株式会社ティー・アイ・ダヴリュ(以下、「T.I.W.社」)は、契約に基づき、アナリスト・レポートの提供を継続的に行うことに対する対価を契約先証券会社より包括的に得ておりますが、本レポートに対して個別に対価を得ているものではありません。レポート対象企業の選定はT.I.W.社が独自の判断に基づき行っているものであり、契約先証券会社を含む第三者からの指定は一切受けておりません。
担当アナリスト並びにT.I.W.社と本レポートの対象会社との間には、利益相反の関係はありません。