アナリストレポートから資本市場の変革にチャレンジするTIWです

Toward the Infinite World

 
アナリストレポート要旨

ケーヒン (7251)

1Qは営業減益とはえ、二輪、四輪車向けともに販売面は堅調に推移

TIWは前回レポート時に同社新中期経営計画(18/3期〜20/3期)発表を受け、将来成長への大規模投資(電動化技術強化、燃料供給技術領域の進化、新規顧客開拓が柱)に伴う費用先行から当面業績低迷が想定されたため投資評価を引き下げた。こうした中、18/3期1Q(4-6月)決算は営業減益とはなったが、トップラインを確り伸ばしたこと、減益幅が想定以下となり計画を上方修正したことがポジティブ。新計画にはなお上ぶれ余地があることに加え、実績PBR0.77倍など株価指標面にも割安感が強いため、足下堅調な株価にはさらに上昇余地があると見て投資評価を引き上げる。
"・・・(高田 悟)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside"

[09.12 掲載]
メルマガ

対談

TIWインサイド



藤根靖晃 公式BLOG

坪井信行 オフィシャルBLOG