アナリストレポートから資本市場の変革にチャレンジするTIWです

Toward the Infinite World

 
アナリストレポート要旨

NOK (7240)

1Qは大幅増益で好発進、シールが好調、電子部品は体質強化が進む

 <株価は評価不足と考える、前回からの「2+」を維持>
18/3期1Q(4-6月)は主力2事業(シール、電子部品)収益が揃って上向き大幅増収大幅増益の発進となりポジティブ。とくに、収益変動が激しい電子部品事業において自動車向けの増加や合理化により体質強化が進んでいることが評価できる。さらには1Q決算前の7月14日に上方修正した会社計画には上ぶれ余地があること、18/3期は将来成長への投資が膨らむ中で2桁増益が見込めること、シール拡販と電子部品の自動車向け比重増などにより中期的にも収益拡大が期待できること、などを踏まえると18/3期TIW予想PER13.0倍の株価は評価不足と考える。投資評価は「2+」を維持。
"・・・(高田 悟)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside"

[09.13 掲載]
メルマガ

対談

TIWインサイド



藤根靖晃 公式BLOG

坪井信行 オフィシャルBLOG