アナリストレポートから資本市場の変革にチャレンジするTIWです

Toward the Infinite World

 
アナリストレポート要旨

三菱自動車 (7211)

販売堅調、円安進行から計画上方修正の公算が大きい

 <持続的成長が見込め、投資評価は「2+」を維持>
1Q(4-6月)に続き、2Q(7-9月)に入っても販売が堅調なことや足元での円安進行からTIWは中間時点で18/3期会社計画は上方修正となる公算が大きいと考える。さらには、前期後半から続く業績のV字回復が、(1)日産自動車(7201、以下日産)から取り込んだ月次経営管理の徹底や日産との共同購買などによる収益力向上、(2)新型SUV投入や電動車両(PHEV)投入地域拡大、販売金融活用などを軸とした販売台数増、などにより持続的な成長に繋がる確度が高いと見ることに加え、ROEとPBRと相関関係から株価指標面にもまだ割安感があるため投資評価は「2+」を維持する。
"・・・(高田 悟)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside"

[10.04 掲載]
メルマガ

対談

TIWインサイド



藤根靖晃 公式BLOG

坪井信行 オフィシャルBLOG