アナリストレポートから資本市場の変革にチャレンジするTIWです

Toward the Infinite World

 
アナリストレポート要旨

クレスコ (4674)

ソフトウェア開発事業を中心とした受注好調と体質改善により業績は堅調

<成長銘柄として押し目は拾っておきたい、「2+」を維持>
前回レポート時(8月22日)にTIWは投資評価を「中立」から「2+(Outperform)」へ引き上げたが、以降、直近の高値(11月9日)まで株価は4割弱上昇した。株価上昇が急ピッチであったこと、18/3期上期(4-9月)決算では上期が2桁増益、計画超過達成となったにもかかわらず通期計画が据え置かれたことなどから株価は足下、調整を受けている。"・・・(高田 悟)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside"

[12.01 掲載]
メルマガ

対談

TIWインサイド



藤根靖晃 公式BLOG

坪井信行 オフィシャルBLOG