アナリストレポートから資本市場の変革にチャレンジするTIWです

Toward the Infinite World

 
アナリストレポート要旨

小糸製作所 (7276)

数量増加、円安などから通期計画を中間時点に続き再度上方修正

 <LED化と拡販により業績は堅調、投資評価「2+」を維持>
26日、18/3期3Q累計(4-12月)決算を発表。18/3期通期計画を中間時点に続き再度上方修正した、新計画にはなお上振れ余地がある、子会社上海小糸の持分法への移行(17年9月28日より)による大幅減収にもかかわらず中国セグメントで前年同期並みの利益を確保したことなどがポジティブ。好採算のLEDヘッドランプの受注比重増や拡販が牽引し好業績持続が見込めること、EV化進展によりバッテリー負担の低さから自動車ランプLED化が加速し業績拡大にさらに弾みがつく可能性があること、上海小糸持分譲渡に伴う特別利益影響が剥落する19/3期TIW予想PER17.7倍で見て成長銘柄として株価指標面に割高感がないこと、などから引き続き上値を試す株価展開を予想し、評価は「2+」を継続する。
"・・・(高田 悟)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside"

[01.29 掲載]
メルマガ

対談

TIWインサイド



藤根靖晃 公式BLOG

坪井信行 オフィシャルBLOG