アナリストレポートから資本市場の変革にチャレンジするTIWです

Toward the Infinite World

 
アナリストレポート要旨

アイシン精機 (7259)

19/3期は販売面堅調も円高と成長への費用増から営業益横ばいを計画

 <業績堅調、指標面割安から投資評価は「2+」を維持>
投資評価は「2+」を維持。理由は(1)�@トヨタ自動車(7203、以下トヨタ)生産が伸びぬ中でもAT伸長、トヨタグループ外拡販によりトップラインを確り伸ばしている、�A19/3期は円高が厳しく、成長への費用が嵩む(AT能増など)局面にあるが微増とはいえ同社が営業増益を計画したこと、などが評価できる。(2)供給力向上による主力ATの販売台数増加とそれに伴う売上構成改善により中期的に増益基調が見込める。(3)既存技術基盤の活用により電動化商品の開発・拡充を進めておりAT需要ピークアウト後に向けての準備に怠りがない。などに加え、19/3期TIW予想PER13.0倍など株価指標面にも割安感があることによる。
"・・・(高田 悟)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside"

[05.07 掲載]
メルマガ

対談

TIWインサイド



藤根靖晃 公式BLOG

坪井信行 オフィシャルBLOG