アナリストレポートから資本市場の変革にチャレンジするTIWです

Toward the Infinite World

 
アナリストレポート要旨

フロイント産業 (6312)

1Q受注高は予想以上に停滞、短期的な株価回復期待は後退か?

<投資評価を「1」→ 「2+」(Outperform)に引下げる>
7月5日に発表された19/2期1Q(3-5月)業績は、前年同期比8.4%増収、3.0%営業増益と比較的良好な内容であったが、機械部門の受注高は前年同期の3,624百万円から2.553百万円への約3割の減少となった。5月末の機械部門の受注残高も4,928百万円と前年同期比で45.5%の減少である。
・・(藤根 靖晃)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside"

[07.10 掲載]
メルマガ

対談

TIWインサイド



藤根靖晃 公式BLOG

坪井信行 オフィシャルBLOG