アナリストレポートから資本市場の変革にチャレンジするTIWです

Toward the Infinite World

 
アナリストレポート要旨

日野自動車 (7205)

海外販売台数予想を16千台下方修正、20/3期は減益見通しに転じる

 <投資評価は「中立」を維持、海外見通し改善が待たれる>
30日、20/3期上期(4-9月)決算を発表。2桁営業減益となり、主に海外販売見通し悪化から通期計画を従来の増益予想から減益予想に下方修正したこと、在庫調整などにより下期(10-3月)の減益幅が上期から拡大する見通しとなったこと、中間配当予想を引き下げ期末配当予想を未定としたことなどがネガティブで上値の重い株価展開が予想される。とはいえ、計画下方修正はある程度織り込まれているとみられること、国内販売は堅調で、保有ビジネス(補修部品、整備、車検など)強化が着実に進む中、在庫調整完了とともに海外市場見通しが改善すれば20/3期が業績の底になる可能性も高いとみるため評価は「中立」を維持。
"・・・(高田 悟)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside"

[10.31 掲載]
メルマガ

対談

TIWインサイド



藤根靖晃 公式BLOG

坪井信行 オフィシャルBLOG