アナリストレポートから資本市場の変革にチャレンジするTIWです

Toward the Infinite World

 
アナリストレポート要旨

堀場製作所 (6856)

19/12通期予想を再引き下げ。株価上昇を受け、今後の見通しを変更

 <会社側の4Qの半導体の収益計画は未達の公算が高い>
19/12期3Q累計(1-9月)業績は、売上1,370億円(前年同期比6%減)、営業利益120億円(同33%減)。自動車計測は排ガスの伸びや一時費用の剥落で収益増を記録した。一方、半導体の営業利益は前年同期の半分近くにまで落ち込んだことが全体の足を引っ張った。半導体以外も、医用や科学なども弱含みで、全体的に低調な業績進捗といえる。
"・・・(服部 隆生)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside"

[11.26 掲載]
メルマガ

対談

TIWインサイド



藤根靖晃 公式BLOG

坪井信行 オフィシャルBLOG