メニュー

最新アナリストレポート

アナリストレポート要旨

大阪ソーダ(4046)

減収減益であるが機能化学品は概ね堅調

<クロールアルカリ、低採算性機能化学品が落ち込む>
7日に20/3期3Qの決算が発表された。小幅減収減益で着地した。純利益の減益がやや大きいがこれは2Qでも述べたが純利益は投資有価証券評価損の影響である。
"・・・(山方秀之)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside"

2020年02月10日 掲載

最新アナリストレポート TOPへ戻る