アナリストレポートから資本市場の変革にチャレンジするTIWです

Toward the Infinite World

 
アナリストレポート要旨

ヤマハ発動機 (7272)

新興国、先進国事業でともに収益性改善が進む、3Q累計は大幅増益

<堅調な業績見通しに対し指標面が割安、「1」を継続>
2日、17/12期3Q累計(1-9月)決算を発表。新興国、先進国事業の収益性改善がともに進み3Q累計は大幅営業増益となったこと、通期計画を再度上方修正したこと、年間配当予想を増額修正(従来1株当たり78円→82円)したことなどがポジティブ。構造改革により主力二輪車事業の高収益体質への転換が着実に進む中、特機事業(主にレクリエーショナル・オフハイウェイ・ビークル〔ROV])収益改善が見込める18/12期は一段の利益上積みが期待できるとの見方に変化がなく、17/12期TIW予想PER12.9倍など株価指標面も依然割安なこと、などから堅調な株価にさらに上昇余地があると見る。投資評価は「1」を維持する。
"・・・(高田 悟)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside"

[11.06 掲載]
メルマガ

対談

TIWインサイド



藤根靖晃 公式BLOG

坪井信行 オフィシャルBLOG