メニュー

最新アナリストレポートサービス紹介最新アナリストレポートサービス紹介

TIWアナリストレポート

TIWでは独立性・中立性を確立した状態で調査・分析を行っております。独立性・中立性を確立することにより、発行会社にとってネガティブな情報や意見であっても、投資家に必要と判断される情報は恣意的な影響を受けず発信でき、情報の確からしさが担保されます。

TIWアナリストレポートの特徴

  • 資料作成にあたっては、説明会への出席、あるいは取材(電話取材を含む)を行い、生きた情報を収集・分析してアナリストレポートを作成しています。
  • アナリストが注目できる会社をピックアップして調査・分析しております。
  • 注目企業についてはきめの細かなフォローアップを心がけております。
  • 短時間で把握できることを主眼に置き、ポイントをコンパクトに整理することならびにアナリストのコメントで強弱感を表現しております。

サンプルレポート

TIWアナリストレポートの内容について

要旨・投資のポイント

対象銘柄の最新情報とアナリスト分析結果のポイントをピックアップして、わかりやすく解説しております。

業績推移

対象銘柄の過去の業績とTIW独自の将来業績予測を掲載しております。

アナリストレポート詳細

対象銘柄の最新情報の詳細やアナリストの分析根拠などをフルレポート形式で解説しております。

会社概要

TIWオリジナルの会社概要を掲載しております。

TIWモデルポートフォリオ

TIWは、“個人投資家が株式投資においてプラスのパフォーマンスを得るにはどのような投資戦略を採ることが望ましいのか”、を熟慮することから始めました。その議論の中で、次の3つを実現することを目指しました。

  • 金融・経済について専門知識がなくても株式投資が楽しめるようにする。
  • 投資に関して膨大な時間を費やさなくても投資成果を期待できるようにする。
  • ポートフォリオの構築後は、日々のマーケット変動に振り回されること無く、 銘柄入替を余裕を持って行えるようにする。

日々、海外経済、国際金融市場の話題が市場を駆け巡るようになりました。10年以上前に比べて株式投資は難しくなっているように感じますが、それはマーケットの動きに投資家だけでなく関係者が翻弄されているだけではないかと思います。
 個別企業の株価変動は、『企業個別要因』と、『マーケット要因』が含まれています。これを出来る限り、切り分けて正確に捉えてゆくことが重要だと考えています。企業の個別要因だけを切り出して考える方法として、「インプライド・リスクプレミアム」の計測と、「Fモデル」という理論株価の算出方法を作成いたしました。
 「インプライド・リスクプレミアム」の計測は、株式会社アイフィスジャパンが作成しているアナリストコンセンサス予想データをベースに算出しております。
 「Fモデル」は或る時点のマーケットにおける割安度合いを算出する手法です。割安・割高の度合いを常にマーケットに対して相対的に考えることを基本としています。ニュートラルな感覚を身に着けることによって、マーケットの動きを冷静に見ることが可能になると考えています。
 「TIWモデルポートフォリオ」は、こうした取組みによって市場平均より高いパフォーマンスが得られることを示す実証実験です。2011年12月末からスタートし、既に8年以上のトラックレコードを構築しております。

IFIS/TIW コンセンサス225

前述いたしました「インプライド・リスクプレミアム」の計測を基に、日経平均株価の妥当レンジを2009年4月より週次で推計しております。それに合わせてマーケットコメント・投資戦略をレポートとして発行しております。

TIW レポートデータベース

TIW アナリストレポートを収容したアナリストレポート検索閲覧サービスです。TIWレポートデータベースは証券会社をはじめとした金融商品取引業者様にご提供しております。

TIW INSIDEとは

TIW INSIDEロゴ
TIWでは”投資家により良い情報環境の提供”を目標として日々研鑚しております。
独立性・中立性を確立した情報提供の拡大が投資家の投資環境を向上させてゆくと信じて已みません。TIWのこうした趣旨にご賛同いただきました金融商品取引業者様、機関投資家様にサービスの信頼性の象徴として「TIW INSIDE」というコンセプトを提唱して参ります。
TIWは、調査レポートの品質向上、カバレッジ拡大に対する努力を続けることをお約束いします。
ご利用の金融商品取引業者

最新アナリストレポート

  • 2020年10月27日
    • NEW
    ニトリホールディングス (9843)
    新型コロナウイルス感染拡大による巣ごもり需要で計画を大幅に上回る増収増益
  • 2020年10月27日
    • NEW
    トリケミカル研究所 (4369)
    新型コロナウイルス感染拡大の影響はほぼ無くメモリー・ロジック共に堅調に推移
  • 2020年10月26日
    • NEW
    • 要旨
    ビーアールホールディングス (1726)
    新規カバレッジ:PC橋梁のメジャー企業。国内保守市場の拡大期待
アナリストレポート一覧へ