アナリストレポートから資本市場の変革にチャレンジするTIWです

Toward the Infinite World

 
アナリストレポート要旨

大研医器 (7775)

新製品の収益貢献の道筋が見えてくることが株価浮上の条件とみる

 <1Qは概ね想定内で、通期TIW予想も据え置き>
20/3期1Q(4-6月)業績は、売上20億円(前年同期比2%減)、営業利益3.1億円(同11%減)。注入器関連と吸引器関連が共に前年同期比4〜5%の減収を記録。最大の収益源である手術室用吸引器フィットフィックスの単価下落が前期に引き続き今1Qも足を引っ張った。もともと上期はフィットフィックスの単価下落の影響が強く残ると見ていたので、今1Qの進捗は概ね想定内ともいえる。
"・・・(服部 隆生)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside"

[09.09 掲載]
メルマガ

対談

TIWインサイド



藤根靖晃 公式BLOG

坪井信行 オフィシャルBLOG