アナリストレポートから資本市場の変革にチャレンジするTIWです

Toward the Infinite World

 
アナリストレポート要旨

スズキ (7269)

インド販売悪化や国内減産などを踏まえ20/3期計画を下方修正

 <営業利益は大幅減益、純利益は2桁減益見通しに転じる>
10日、同社は20/3期通期計画の修正を発表。5月10日に公表した期初予想から売上高を4,000億円、営業利益を1,300億円、経常利益を1,200億円、純利益を600億円それぞれ下方修正した。日本での完成検査体制再構築に伴う減産、インド四輪市場の低迷、及び為替変動等を修正の理由とした。また、詳細は11月5日の2Q累計(4-9月)決算発表時に説明するとした。20/3期は期初には前期比1.7%営業増益、純利利益は完成車検査問題で多額の特損を計上した前期から2桁の増益を見込んでスタートしたが、一転、大幅営業減益、純利益は2桁減益の見通しとなる。
"・・・(高田 悟)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside"

[10.11 掲載]
メルマガ

対談

TIWインサイド



藤根靖晃 公式BLOG

坪井信行 オフィシャルBLOG