アナリストレポートから資本市場の変革にチャレンジするTIWです

Toward the Infinite World

 
アナリストレポート要旨

スズキ (7269)

国内軽、インドともに販売は依然低調、ただし減少幅は縮小

 <新型「ハスラー」の販売目標は保守的な印象>
24日、同社は新型「ハスラー」の発表会を開催。「ハスラー」は2014年1月に市場投入。広い室内空間の軽ワゴンとSUVを融合した新ジャンルの軽クロスオバーとして評価を得て軽市場で新たなポジションを築いた。6年間の累計販売台数は約48万台というヒット車となった。来年1月20日から全面改良し発売する新型「ハスラー」はもっとアクティブな軽クロスオーバーを開発のコンセプトに「遊べる軽」を全方位に進化させた。また、「ひと目でハスラーと分かる個性的なキャラクター」を維持し、タフで力強いという印象が一段と増したスタイルである。更には予防安全技術である「スズキセーフティサポート」を搭載し、安全運転機能を高めたのにも関わらず、現行に比べ僅かな価格アップに留めお買い得感を出している。市場環境が厳しいとはいえ、月販6千台の販売目標にはかなり保守的な印象が強い。
"・・・(高田 悟)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside"

[12.25 掲載]
メルマガ

対談

TIWインサイド



藤根靖晃 公式BLOG

坪井信行 オフィシャルBLOG