アナリストレポートから資本市場の変革にチャレンジするTIWです

Toward the Infinite World

 
アナリストレポート要旨

デンソー (6902)

トヨタ外悪化や品質費用引当などから計画を下方修正、2桁減益見込みに転じる

 <投資評価を引き下げるが「中立」に留める>
投資評価を引き下げる。20/3期3Q累計(4-12月)決算発表で今期2度目の計画下方修正を発表。20/3期は営業微増益見込みから2桁営業減益見通しに転じたことがネガティブ。また、トヨタ自動車(7203)向けは堅調も、トヨタ外向けが悪化しており、自動車市場が世界全般に伸び悩むとみられる中、21/3期もトップラインの大きな伸びを見込めないことが市場で懸念されるとみることによる。ただし、厳しい環境下でも成長領域(予防安全や車両電動化製品等)は確り伸ばしており、合理化効果で固定費投入増加を吸収していることや、前期20/3期の反動(品質費用の減少)が見込めることは、ポジティブ。よってTIWでは、21/3期は増益を見込むことや、CASE関連の中心銘柄として実績BR0.96倍の株価には割安感があるため、評価引き下げとはいえ「中立」に留める。
"・・・(高田 悟)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside"

[02.03 掲載]
メルマガ

対談

TIWインサイド



藤根靖晃 公式BLOG

坪井信行 オフィシャルBLOG