アナリストレポートから資本市場の変革にチャレンジするTIWです

Toward the Infinite World

 
アナリストレポート要旨

トヨタ自動車 (7203)

新型コロナ影響下でも営業黒字確保を予想、ポジティブ

 <投資評価は「2」(Neutral)→「2+」へ引き上げる>
(1)事業環境が厳しい中(北米市場減速、アジア市場悪化、円高、期末の新型コロナ影響)でも20/3期は前期並みの営業利益(前期比1%減)を確保したこと、(2)21/3期は新型コロナ影響による大幅な販売台数減や20/3期以上の為替変動による減益影響を前提としつつも営業黒字を予想したこと、などが評価できる。また、21/3期同社予想から従来に比べ台当たり収益力が向上していること、厳しい環境下でも従来並みの高水準の研究開発費の維持などが確認できたことなどがポジティブ。新型コロナ終息後は同業他社との競争力、収益力の差が一段と拡がる公算が大きいとみる。更には新型コロナからいち早く市場が回復に向かいつつある4月の同社の中国販売が前年超えとなったことなどもポジティブであり、実績PBR1倍程度の株価は大底値圏とみる。投資評価は「2」→「2+」へ引き上げる。
"・・・(高田 悟)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside"

[05.18 掲載]
メルマガ

対談

TIWインサイド



藤根靖晃 公式BLOG

坪井信行 オフィシャルBLOG