メニュー

最新アナリストレポート

アナリストレポート要旨

オリンパス(7733)

足元の株価上昇を受けて、今後の株価見通しを変更

<医療は中国が大きく伸長>
20/3期2Q累計業績は、売上3,891億円(前年同期比2%増)、営業利益509億円(同17倍)。訴訟和解金など一時費用がなくなったことに加えて、費用の一部が下期に後ずれしたことも利益の押し上げ要因となった。医療は中国が好調で売上を伸ばし、日本も消費増税前の駆け込み需要が寄与したとみられる他、欧州やアジア・オセアニアも堅調に推移。主力事業は総じて順調な進捗といえるだろう。
"・・・(服部 隆生)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside"

2019年11月22日 掲載

最新アナリストレポート TOPへ戻る