メニュー

最新アナリストレポート

アナリストレポート要旨

朝日ラバー(5162)

RFIDは懸念であるが主力製品の回復がみられた

<RFID及び非主要製品が足を引っ張り減収減益となった>
23日に2Q説明会が開催された。20/3期2Qは減収減益かつ半期業績予想に対し売上高、純利益が未達で着地した。合わせて通期業績予想が下方修正された。
"・・・(山方秀之)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside"

2019年11月25日 掲載

最新アナリストレポート TOPへ戻る