メニュー

最新アナリストレポート

アナリストレポート要旨

浜松ホトニクス(6965)

20/9期は小幅増収増益を予想。株価の見方は従来通り

<19/9期は小幅増収ながら減益で、やや物足りなさが残る>
19/9期業績は、売上1,459億円(前期比1%増)、営業利益254億円(同7%減)と小幅ながら計画未達。医用・バイオ機器が好調に伸び、産業用機器の減収を吸収し、全体で微増収を確保。海外を中心とした人件費増や展示会費用の他、訴訟引当などの一時費用が発生したこともあり、利益は若干減少。売上は過去最高を連続更新中ながら、利益は停滞し、やや物足りなさの残る決算とTIWでは捉えている。
"・・・(服部 隆生)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside"

2019年12月04日 掲載

最新アナリストレポート TOPへ戻る