メニュー

最新アナリストレポート

アナリストレポート要旨

日精エー・エス・ビー機械(6284)

20/9期は3期ぶり増収増益を予想。株価の見方は従来通り

<ZC搭載機の受注が進展>
19/9期業績は、売上261億円(前期比6%減)、営業利益43億円(同16%減)。営業利益は費用抑制等も効いて計画値を達成した。金型や中小型機は相対的に底堅さを示す一方、景気動向に敏感な大型機が低調に推移した。とはいえ、独自技術ゼロ・クーリングシステム(ZC)を搭載した装置の受注が浸透しつつある点は今後に繋がる話といえる。
"・・・(服部 隆生)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside"

2019年12月18日 掲載

最新アナリストレポート TOPへ戻る