メニュー

最新アナリストレポート

アナリストレポート要旨

いすゞ自動車(7202)

通期計画の再下方修正はネガティブも、20/3期が業績の底になるとみる

<投資評価は「中立」を維持>
7日、20/3期3Q累計(4-12月)決算を発表。全てのセグメント(CV〔商用車〕、LCV〔ピックアップトラック及び派生車、産業用エンジン)の販売が悪化し3Q累計、3Q(10-12月)ともに2桁営業減益となったこと、中間時点に続き再度、通期計画を下方修正したことがネガティブで株価の重しになるとみる。ただし、20/3期を底に21/3期は増益に転じるとTIWではみることに加え、実績PBR1.01倍など割安な指標面が株価を支えるとみる。このため投資評価は「中立」を維持。
"・・・(高田 悟)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside"

2020年02月10日 掲載

最新アナリストレポート TOPへ戻る