メニュー

最新アナリストレポート

アナリストレポート要旨

サトーホールディングス(6287)

短期業績は厳しそうだが、コロナ後の好機も見極めたい

<国内はこれからコロナ影響が強く表れるとみる>
20/3期は3Qまでは概ね良好に推移していたが、4Qで新型コロナの影響が表れ失速。尚、当期純損益については、IDP事業の進捗遅れに伴い固定資産の減損損失約63億円を計上したことから、18億円の赤字を記録した。
"・・・(服部 隆生)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside"

2020年05月25日 掲載

最新アナリストレポート TOPへ戻る