メニュー

最新アナリストレポート

アナリストレポート要旨

日精エー・エス・ビー機械(6284)

インド工場の供給面での制約からTIW業績予想を大幅修正

<上期は比較的良好に推移したが、下期は厳しい>
20/9期上期(10-3月)は、前年の一時費用が剥落したことで収益性は大幅に改善。売上はほぼ横ばいながら、受注は大型展示会の効果もあり大きく伸長。新型コロナは収益面での影響は殆どなかったが、主力工場のあるインドでロックダウンの影響を受けている。
"・・・(服部 隆生)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside"

2020年06月15日 掲載

最新アナリストレポート TOPへ戻る