メニュー

最新アナリストレポート

アナリストレポート要旨

マルカ(7594)

2Qに急減速、通期計画を大幅に下方修正(速報)

 <1Qは順調に発進も、2Qに新型コロナ影響が本格化>
産業機械・建設機械専門商社(近年は食品機械製造会社のM&A等により脱機械専門商社化を図る)の同社は3日、20/11期上期(12-5月)決算を発表。上期は前年同期比18.3%減収、営業利益は同27.3%減の9.0億円。1Q(12-2月)は営業利益がM&Aに伴う販管費増などから横這いも、同5.5%増収とトップラインを確り伸ばし順調にスタートした。しかし、2Q(3-5月)は新型コロナ影響本格化により同37.3%減収、営業利益は同47.5%減の3.5億円となり業績は急減速した。セグメント別の営業利益(調整前)は産業機械部門が各地域での販売減少により同18.5%減収となり、同16.6%減の13.2億円。建設機械部門は民間設備投資が弱含みとなる中、同17.2%減収となり、同24.6%減の1.5億円となった。
"・・・(高田 悟)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。https://www.tiw.jp/report/"

2020年07月06日 掲載

最新アナリストレポート TOPへ戻る