メニュー

最新アナリストレポート

アナリストレポート要旨

パーク24(4666)

国内駐車場は5月を底に回復基調、カーシェアは堅調

 <月次速報と新型コロナ影響に関するお知らせを発表>
同社は10月15日に月次速報数値と「新型コロナへの対応状況及び影響に関するお知らせ」を発表。主なポイントは次のとおりである。(1)連結売上高の過半を占め主力の駐車場事業国内は5月を底に回復基調、9月のタイムズパーキングの売上高は前年同月の89.2%まで回復。前年同月比は前月の8月からも改善した。(2)モビリティ事業はカーシェアが堅調。9月の売上高と1台当たり売上高は8月に続き前年同月を上回る。また、会員数も順調に増加した。一方、保有台数適正化を進めるカーシェアは車両売却は順調に進捗も低稼働に留まった。(3)駐車場事業海外の8月(海外の連結への取り込みは1カ月遅れ)の稼働は英国の回復が牽引し7月を上回った。(4)9月の連結売上高は6月に期初計画を大幅に下方修正した修正計画の同社9月予想を下回った。
"・・・(高田 悟)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。https://www.tiw.jp/report/"

2020年10月19日 掲載

最新アナリストレポート TOPへ戻る