メニュー

最新アナリストレポート

アナリストレポート要旨

マニー(7730)

21/8期は下期にかけて大きく回復の見込み。新製品の今後の拡大に期待

 <21/8期は実質で1割程度の増収は可能とみる>
20/8期業績は、売上152億円(前期比17%減)、営業利益43億円(同26%減)。新型コロナで23.6億円の減収影響を受けたものの、会社想定ほどの影響額ではなかった。アイレス針では、欧州の大口顧客の在庫調整は続いているが、溜まった在庫の整理は進展しつつあるようで、今21/8期の下期には回復に向かう公算が高そうだ。
"・・・(服部 隆生)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。https://www.tiw.jp/report/"

2020年10月19日 掲載

最新アナリストレポート TOPへ戻る