メニュー

最新アナリストレポート

アナリストレポート要旨

バリュエンスホールディングス(9270)

4Qは売上・利益ともに過去最高

  <仕入が回復し、その影響で販売も回復>  
20/8期通期は増収減益で着地。但し、4Q(6-8月)3ヵ月では過去最高かつ増収増益となった。これは、オークション売上(自社開催のSTAR BUYERS AUCTION、以下SBA)が仕入回復により販売を伸ばしたことが要因である(出品数、落札数ともに増加)。あわせて、オークション参加社数が増え、値付けが競争的になり価格が上がり単価上昇と粗利率アップが生じたことが要因である。
"・・・(山方秀之)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。https://www.tiw.jp/report/"

2020年10月20日 掲載

最新アナリストレポート TOPへ戻る