メニュー

最新アナリストレポート

アナリストレポート要旨

いすゞ自動車(7202)

タイ国内LCVや中国建機向け産業エンジン販売が堅調、通期計画を上方修正

 <2Qは大幅減益に留まるも販売が上向き1Qから大幅改善>
6日、21/3期上期(4-9月)決算を発表。上期のCV(商用車)販売は国内では前年の排ガス規制切替え前の駆け込みの反動を受けたこと、海外では新型コロナ影響を強く受けたことなどから国内外ともに前年割れとなりグローバル販売台数が前年同期比27%減の110千台となった。LCV(ピックアップトラック及び派生車)販売もタイ国内販売、タイからの輸出ともに悪化し同28%減の105千台となった。販売減少の影響が大きく営業利益は同76.5%減の168億円となった。ただし、2Q(7-9月)のみではCV販売が前年割れも回復に向かい、LCV販売が前年を上回ったことから営業利益は同42.3%減の146億円となり1Qからは業績は大幅に改善した。
"・・・(高田 悟)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。https://www.tiw.jp/report/"

2020年11月09日 掲載

最新アナリストレポート TOPへ戻る