メニュー

最新アナリストレポート

アナリストレポート要旨

ヤマハ発動機(7272)

3Qは2桁営業増益、2Qを底に新型コロナ影響から回復局面に入る

 <3Qは20%営業増益、販売上向き2Qの赤字から大幅に回復>
9日、20/12期3Q累計(1-9月)決算を発表。9カ月間では2Q(4-6月)中心に新型コロナ影響を強く受けた影響が残り前年同期比16%減収、営業利益は同44%減の563億円となった。ただし、3Q(7-9月)のみではコロナ禍からの経済活動の回復とともに2Qを底に概ね全ての事業で需要、生産、出荷が2Qから上向き同7%減収と売上は前年割れに留まったものの、営業利益は出荷回復に危機下での経費削減、合理化などが相俟って同20%増の372億円と2Qの赤字から増益に転じた。
"・・・(高田 悟)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。https://www.tiw.jp/report/"

2020年11月10日 掲載

最新アナリストレポート TOPへ戻る