メニュー

最新アナリストレポート

アナリストレポート要旨

JCU(4975)

下期は上期の悪材料が消える?

<主力の電子部品向けはコロナの影響下でも好調>
11日2Q決算説明動画が公表された。2Q累計(4-9月)は減収微減益であったが、主力の電子部品向け薬品は好調であった。しかし、自動車向け薬品が前期比24.4%減と大幅に落ち込み足を引っ張った。これは同社の海外売上が3か月ずれており1-3月の自動車生産が大幅に落ち込んだ時期(中国で44.9%減)の数値が入っているからである。一方、装置事業は大型案件の消化(プラズマ装置等)があり増収となった(セグメント利益は減益)。
"・・・(山方秀之)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。https://www.tiw.jp/report/"

2020年11月12日 掲載

最新アナリストレポート TOPへ戻る