メニュー

最新アナリストレポート

アナリストレポート要旨

朝日ラバー(5162)

新製品より稼働率がポイント

  <新製品の業績貢献はまだ先>
26日の2Q決算説明動画に合わせ取材を行ったのでレポートする。ここのところ同社の新製品発表等があり株価が動意をみせている。具体的には、(1)注射器用ガスケットがワクチン注射器で需要増加、(2)ウイルス不活性化のための深紫外線LEDシステムに使われるレンズ、(3)ライフサイエンス分野に使われる超親水性シリコーンゴム、と思われる。会社側へ確認したところ、①このような話は”今のところ“無い(今後も無いとは言えないが)、(2)、(3)は23/3期までの中期計画中に上市することは無い、との回答なので当分は既存製品の工場稼働率(以下、稼働率)が業績を見るうえでポイントである。
"・・・(山方秀之)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。https://www.tiw.jp/report/"

2020年11月30日 掲載

最新アナリストレポート TOPへ戻る