メニュー

最新アナリストレポート

アナリストレポート要旨

スズキ(7269)

主要国内軽四輪販売とインド四輪車販売は足元堅調

<足元の販売は軽四輪車は同社計画線、インドは計画以上>
25日、同社は11月の販売(速報)を発表。柱の国内軽四輪及びインド四輪車の販売台数は国内軽が前年同月比3.7%増の48,584台、インドが同1.7%減の138,956台となった。軽販売は5カ月連続で前年同月を上回った。インド販売は5カ月ぶりの前年同月割れとなったがほぼ前年同月並みで過去3カ月間が大幅増で推移してきたことを踏まえると販売は堅調と言えよう。なお、下期(10-11月の2カ月累計)にかぎれば、販売台数は軽が前年同期比5.4%増、インドが同8.1%増となった。同社下期(10-3月)計画では軽は同5.7%増、インドは同5.8%減の販売台数(TIW推計)を見込む。足元の同社、二本柱の販売は軽は計画線、インドは計画以上でともに堅調に推移していると言える。
"・・・(高田 悟)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。https://www.tiw.jp/report/"

2020年12月28日 掲載

最新アナリストレポート TOPへ戻る