メニュー

最新アナリストレポート

アナリストレポート要旨

ジーエス・ユアサ コーポレーション(6674)

足元、堅調な株価にはなお上昇余地があるとみる

 <投資評価は「2+」(Outperform)を維持>
同社株価はTIWが本年5月29日付レポートで新型コロナ禍でも業績の大幅悪化は避けられるとの見通し(自動車電池補修用堅調、産業電池電源受注好調、鉛価格下落見通しなどに基づく)から投資評価を「2」→「2+」へ引き上げて以降、55%上昇した。また、直近の11月24日のレポート時からも株価は23%上昇し、TIWの21/3期予想PERは34.9倍で既に株価指標面に割安感はない。ただし、次の理由から株価にはなお上昇余地があるとみる。投資評価は「2+」を維持。
"・・・(高田 悟)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。https://www.tiw.jp/report/"

2020年12月29日 掲載

最新アナリストレポート TOPへ戻る