メニュー

最新アナリストレポート

アナリストレポート要旨

ネクステージ(3186)

20/11期はコロナ禍で2桁増益、21/11期は大幅増益を同社は計画(速報)

 <20/11期はコロナ禍で上期失速も下期に挽回し最高益>
7日、20/11期決算を発表。中古車販売を中心とした車両販売を主軸に保険、車検、整備、買取等を手掛ける同社業績は前期比10%増収、営業利益が同12.2%増の68.2億円となった。上期(12-5月)の営業利益が新型コロナ影響による既存店への来店客数の減少、滞留出品等により前年同期比94.6%減の1.7億円。しかし、新型コロナ感染一服による経済活動の戻りに伴う既存店来店客数や中古車相場の回復、新規出店効果などにより下期(6-11月)の営業利益が同2.4倍の66.4億円となり後半の挽回で2桁増益で着地。なお、期末の販売拠点数は144拠点(前期末130拠点)となり、20/11期の車両販売台数は前期比10.5%増の151,120台となった。
"・・・(高田 悟)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。https://www.tiw.jp/report/"

2021年01月08日 掲載

最新アナリストレポート TOPへ戻る