メニュー

最新アナリストレポート

アナリストレポート要旨

バリュエンスホールディングス(9270)

国内仕入・販売サイクルが回復

 <成長の仕入・販売サイクルが拡大>  
同社ビジネスは仕入・販売サイクルの拡大により成長する。今21/8期1Qをみると前期4Qからの回復を引継ぎ国内仕入・販売サイクルが拡大している。その結果増収となった一方、サイクルを拡大させる投資(人員、店舗等増加)が増加し減益となった。ただし、サイクル拡大のための減益は将来の収益拡大につながる為ポジティブにとらえるべきである。
"・・・(山方秀之)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。https://www.tiw.jp/report/"

2021年01月19日 掲載

最新アナリストレポート TOPへ戻る