メニュー

最新アナリストレポート

アナリストレポート要旨

NOK(7240)

シールが復調、電子部品も自動車及びスマホ向けともに順調に推移(速報)

 <21/3期通期計画を再度上方修正>
同社は27日、昨年10月21日に上方修正した21/3期計画を再度上方修正。売上高は5,302億円(前期比15.4%減)→5,902億円(同5.8%減)、営業利益は▲108億円の損失→110億円(同8.5%減)、純利益は▲242億円の損失→▲74億円の損失に修正。これにより下期(10-3月)は売上高が従来2,750億円(前年同期比13.6%減)→3,350億円(同5.2%増)、営業利益が▲21.8億円の損失→196.1億円(同98.8%増)、純利益は▲137.3億円の損失(前年同期は▲35.8億円の損失)→30.6億円の利益予想に変更となる。中国をはじめとした自動車生産台数が想定を上回り、シール事業が復調していることや電子部品事業売上の自動車向け、高機能スマートフォン向けの順調に推移に加え、引き続き費用抑制が図れていることが修正の理由である。また、子会社での希望退職募集に伴う退職金、特別加算金等の費用約62億円を特別損失と織り込む一方で、今般の業績予想にはまだ織り込んでいないが、一部の固定資産で減損処理の要否を検討しており影響がわかり次第公表するとした。
"・・・(高田 悟)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。https://www.tiw.jp/report/"

2021年01月28日 掲載

最新アナリストレポート TOPへ戻る