メニュー

最新アナリストレポート

アナリストレポート要旨

ジーエス・ユアサ コーポレーション(6674)

自動車用鉛蓄電池が堅調、HEV車向けが増加し車載用リチウムイオン電池も上向く

 <営業利益は3Q累計は横這いも3Qのみでは29.8%増>
4日、21/3期3Q累計(4-12月)決算を発表。3Q累計の営業利益(のれん等償却前)は前年同期比横ばいの161億円となった。コロナ影響による国内外での新車向け鉛蓄電池の販売減、プラグインハイブリッド車用リチウムイオン電池の販売減などから減収も、国内外での自動車補修用鉛蓄電池の販売堅調などから前年並みの利益を確保。3Q(10-12月)の営業利益は同29.8%増の97億円。新車向け回復、補修用堅調、鉛価格下落による自動車電池セグメント国内外の増益やハイブリッド(HEV)車用増加等による車載用リチウムイオン電池の黒字化などにより利益は大きく増加した。
"・・・(高田 悟)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。https://www.tiw.jp/report/"

2021年02月05日 掲載

最新アナリストレポート TOPへ戻る