メニュー

最新アナリストレポート

アナリストレポート要旨

ミネベアミツミ(6479)

21/3通期業績を上方修正。株価の見方を変更

 <ベアリング、半導体、モータなどが総じて強含み>
21/3期3Q(10-12月)は2Q(7-9月)比では微増収、12%営業増益。航空機向けは厳しかったものの、ボールベアリング、モータ、半導体など総じて想定比強含みで推移し、特に自動車向けが予想より底堅く全体でも収益は上振れた。需要回復の影響がストレートに表れてきた印象を受ける。
"・・・(服部 隆生)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。https://www.tiw.jp/report/"

2021年02月15日 掲載

最新アナリストレポート TOPへ戻る