メニュー

最新アナリストレポート

アナリストレポート要旨

浜松ホトニクス(6965)

21/9期業績に上乗せ余地。株価の見方は従来通り

 <1Qは産業用機器が大きく伸び、増収営業増益を確保>
21/9期1Q(10-12月)は、売上364億円(前年同期比6%増)、営業利益51億円(同3%増)となり、強含みで推移したとみられる。検体検査装置向けが伸長したが、産業用機器も半導体製造装置向けが旺盛な需要を受けて前年同期比で大きく売上を伸ばした。もともと通期会社計画は保守的とTIWでは見ていたので、1Qは概ね想定線の進捗と捉えている。
"・・・(服部 隆生)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。https://www.tiw.jp/report/"

2021年03月08日 掲載

最新アナリストレポート TOPへ戻る