メニュー

最新アナリストレポート

アナリストレポート要旨

インテリックス(8940)

ストックビジネスのシフトが効いている

  <増収ながら一転減益へ>
3Q累計(6-2月)決算は増収減益で着地。2Q累計(6-11月)の大幅増益から一転減益となった。理由は、利益率が高い「その他不動産の物件販売」が20/5期3Q(四半期)と比較し半減したからである。但し、「その他不動産の物件販売」以外は大幅な落ち込みはなかった。  
"・・・(山方秀之)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。https://www.tiw.jp/report/"

2021年04月14日 掲載

最新アナリストレポート TOPへ戻る