メニュー

最新アナリストレポート

アナリストレポート要旨

日野自動車(7205)

22/3期は販売回復と原価改善により成長費用増を吸収し大幅営業増益を計画

 <21/3期は大幅営業減益、ただし、期を追うごとに上向く>
27日、21/3期決算を発表。コロナ影響により国内外で商用車出荷を落し、トヨタ自動車(7203、以下トヨタ)向け売上台数も減少したことなどから大幅減収大幅営業減益。純利益は北米案件関連費用(米国法定エンジン認証試験におき課題が生じ北米での車両生産を本年9月まで停止する影響)発生から▲75億円の損失。ただし、コロナ発生当初からの緩やかな販売回復等により期を追うごとに業績は改善、4Q(1-3月)は増益に転じ、通期着地は計画を上回った。
"・・・(高田 悟)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。https://www.tiw.jp/report/"

2021年04月28日 掲載

最新アナリストレポート TOPへ戻る