メニュー

最新アナリストレポート

アナリストレポート要旨

ゼンリン(9474)

22/3期は増益を見込むが利益は低水準に留まる見通し

 <21/3期はカーナビ向け悪化、費用先行から大幅減益>
28日発表の21/3期決算は前期比4.3%減収、同56.5%営業減益となった。主力の地図データベース関連事業において企業・自治体向けの受託案件やストック型サービスのGISパッケージが堅調に推移した。しかし、オートモーティブ関連でコロナ影響を強く受けカーナビゲ―ション用データの販売等が減少したため減収。減収に加え将来への成長に向け先行費用を計上したことから大幅営業減益で着地した。
"・・・(高田 悟)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。https://www.tiw.jp/report/"

2021年04月30日 掲載

最新アナリストレポート TOPへ戻る