メニュー

最新アナリストレポート

アナリストレポート要旨

メック(4971)

好条件が重なり出来すぎた決算

  <1Q(1-3月)は出来すぎた決算であった>
1Q(1-3月)は大幅増収増益で着地。通期の業績予想も上方修正されるなど出来すぎた決算であった。背景は2点あり、主力のCZ含む薬品全てが増収となった一方、販売管理費は微増、で収まったからである。為替も売上高(8千万円)、営業利益(4千万円超)へプラスに働いた。
"・・・(山方秀之)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。https://www.tiw.jp/report/"

2021年05月14日 掲載

最新アナリストレポート TOPへ戻る