メニュー

最新アナリストレポート

アナリストレポート要旨

堀場製作所(6856)

半導体の上乗せで21/12通期業績予想を引き上げ

 <1Qは自動車を除く全ての部門で増収増益>
21/12期1Q(1-3月)は前年同期比8%増収、営業利益は52%増の59億円と増収増益に転じた。自動車を除く全部門で増収増益を確保。特に半導体が旺盛な半導体設備投資を受け上振れ基調で推移し、自動車の収益減を吸収した。自動車の排ガスの受注も回復方向にはあるようだが依然厳しさは変わらず、半導体が全体を支える構図が鮮明化している。
"・・・(服部 隆生)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。https://www.tiw.jp/report/"

2021年05月17日 掲載

最新アナリストレポート TOPへ戻る