メニュー

最新アナリストレポート

アナリストレポート要旨

シスメックス(6869)

22/3期は試薬の回復で2桁の増収増益を見込む

 <21/3期は機器は伸びたが、コロナで試薬が減収>
21/3期はEMEA(欧州・中東・アフリカ)や中国、日本で機器販売が伸びた一方、医療機関の検査需要減から採算性の良い試薬が減収となり粗利が減少。営業利益は減益ながらも計画値は達成。微増収・減益の21/3期業績はTIWの想定範囲を大きく超えるものではなかった。
"・・・(服部 隆生)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。https://www.tiw.jp/report/"

2021年05月31日 掲載

最新アナリストレポート TOPへ戻る