メニュー

最新アナリストレポート

アナリストレポート要旨

大阪ソーダ(4046)

下期からの回復が22/3期は継続

<下期の回復ではカバーしきれず減収減益>
9日21/3期決算説明会が開催された。21/3期は減収減益で着地。21/3上期のコロナの影響を下期の回復でカバーしきれなかった。但し当初計画は上回った。
"・・・(山方秀之)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。https://www.tiw.jp/report/"

2021年06月11日 掲載

最新アナリストレポート TOPへ戻る